ムーモ除毛脱毛クリームについて

ムーモ除毛脱毛クリームは効果なし!?その理由と原因とは

ムーモ除毛脱毛クリームの購入を考えている人にとって、実際に使用した人たちの評価は気になるところです。

ネットでムーモ除毛脱毛クリームについてのクチコミなどをみると、
自宅にいながら「エステ並みの除毛が手軽にできる」といった高評価がある一方で、
「効果がなかった」等の悪い評価も見受けられます。

これはどういうことでしょうか。

実は悪い評価の中には、使用説明書に書かれている用法や用量を守っていなかったり、
正しい手順で使っていなかったり、あるいは過大な期待が原因と思われるものや、
ムーモ除毛脱毛クリームの除毛力とは別のことでの悪い評価だったりがあるのです。

そうしたものの典型的な例をいくつか取り上げてみたいと思います。

除毛の効果は認めつつも悪い評価の例

「除毛はできました。けれどぬったところが赤くなり、今もまだ赤いです。肌に合わないみたいなので使用はやめようと思っています」

「除毛クリームには興味があったけれどアトピーで今まで使ったことがありませんでした。
ムーモ除毛脱毛クリームは刺激が少なく敏感肌の人にも使えると聞いたので試してみました。
除毛効果はあったものの、肌に合わず赤くなり、ヒリヒリしているので残念です」

ムーモ除毛脱毛クリームには除毛による肌の負担をなるべく抑えるための成分が配合されていますが、それでも使い方を間違えるなら肌トラブルを起こす原因を作ってしまいます。

たとえば、使用量(ぬる量)が多すぎたとか、ぬったあとの放置時間が長すぎたとか、あるいは使用頻度(使用してから次の使用までの時間的スパン)が短すぎたとか。

使用方法や使用用量を守ることはもちろんのこと、これまでに化粧品などを使って肌荒れを起こした経験のある人もそうでない人も、
トラブル回避のためにパッチテストを行い、使用後は化粧水や乳液などによる保湿ケアをすることが勧められます。

除毛の効果はある程度認めつつも、不満が残ったために悪い評価となった例

「毛穴の中までというけど、シェーバーやカミソリで処理したときの剃り残しのような黒いプツプツが残った。
もったいないからとケチったのがいけなかったのかな?」

「短い毛やもともと毛の薄いところは完璧にとれたけど、ワキの毛なんかは一回ではとれませんでした」

適正な使用用量を超えて使うのは肌トラブルの元となり問題ですが、使う量が少なくても効果は期待できません。

また、ぬり方にムラがあると毛が残ってしまうことがあります。

ぬる前に肌を温めて毛穴を開いた状態にしておくことも大事で、有効成分の浸透具合を左右します。

ムダ毛の長さや太さ、密集の具合によっては一度ではなく複数回にわたってぬる必要の出る場合もあります。

ワキのように毛が太く密集しているところは、あらかじめ毛を切ってからぬったほうが有効成分が毛の根元まで行き渡りやすく効果も得やすいでしょう。

「一度ではとれなかった」という人のなかには、
あらかじめ毛を切っておくとか、肌をあたためておくといった正しい手順をふんでいなかったケースや、
もともとムーモ除毛脱毛クリームの除毛力に過大な期待を抱いてしまっていて、
それが原因で「ムーモ除毛脱毛クリームの除毛効果はイマイチだった」という感想を抱いてしまっているケースが見受けられます。

除毛効果とは別のことで悪い評価を下している例

「自分は不器用な方なので、背中にぬるのが時間がかかって大変だった」

「除毛効果はあったけど、一本4000円近くするのは高いと思う。高いのでリピは見送り、
近所のドラッグストアで見つけたもっと安いやつで今度は試してみようと思っています」

ムーモ除毛脱毛クリームに限らず、どんな除毛クリームを使っても、背中は他の部位に比べてぬるのは大変です。

コツとしては、洗面所の鏡にもう一つ鏡を用意し、合わせ鏡で見ながら、
100円ショップなどで売っている柄の長いヘラを使ってやるとうまくぬることができます。
(ただしこれは、ある程度“慣れ”が必要かもしれません)

除毛クリームは安いものだと500円くらいからあるので、それに比べたらムーモ除毛脱毛クリームは高いかもしれません。

しかし、それが高いかどうかの判断は値段だけでなく、除毛の効果や使いやすさ、安全性なども考慮する必要があります。

安い除毛剤の中にはニオイや刺激の強いものもあり、肌に負担のかかるものもあります。

一般的な(そしてある程度評価されている)除毛クリームの平均的な値段は3000円~5000円くらいなので、
ムーモ除毛脱毛クリーム自体はそれほど高い除毛クリームとは言えません。

悪い評価についてみてみた結果言えること

「効果がない」と言っている悪い評価のなかには、ムーモ除毛脱毛クリーム自体に効果がないというよりは、
使い方を間違えているために効果も半減してしまっているケースがあります。

せっかく購入して使っても、使い方を間違えてしまっては元も子もありません。

では、効果的な使い方とはどんなものなのでしょうか。それを次に述べてみたいと思います。

公式ページはこちら